「簡単に買える」からクレジットカードの使い過ぎに要注意!

クレジットカードを使う時に気をつけないといけないのは、お金の無駄遣いです。

クレジットカードは1枚のカードで決済しますので、お金を遣っているような感覚にあまりなりませんよね。

店頭でのクレジットカード決済も、ネットの決済でもそうです。

そこで気をつけなければいけないのが、クレジットカードを使い過ぎることによるお金の無駄遣いです。

ではどんなシチュエーションで注意しないといけないのか、具体的に例を挙げてチェックしていきましょう。

それほど欲しいわけではないのにとりあえずクレジットカードで買ってしまう

店頭でもネットでもそうですが、それほど欲しいわけではないのにとりあえずクレジットカード決済で買うのはお金の無駄遣いになりやすいです。

どうしても欲しくて買った物なら、間違いなくすぐに使い始めますよね。

買うことを熱望していたわけですから、すぐに使わないということは普通ないでしょう。

しかしそうではなくとりあえずクレジットカードで買えるからといって買った物は、その後使わずに放置してしまいかねません。

これはお金の無駄遣いですので、注意しなければいけませんよね。

現金で支払うならお財布からお札や小銭を出す行為に抵抗を覚えて踏み止まれたりしますが、クレジットカードの場合はあまりに簡単なので抵抗がほとんどありません。

ですが不要なものを買ってもお金の無駄遣いになるだけですから、そのようなお金の無駄遣いはしないようによく注意しましょう。

利用していない定額制サービスをクレジットカードで支払ってしまっている

今はサブスクリプション方式と呼ばれる定額制サービスが、あらゆるジャンルで急増していますよね。

そしてその支払いがクレジットカードになっていることは珍しくありません。

支払いにクレジットカードを使うこと自体は良いのですが、問題はそのサービスを利用しているかどうかです。

契約はしたもののサービスを利用しておらずクレジットカードへの請求だけが続いている、そんな状態は紛れもなくお金の無駄遣いですよね。

利用していないなら単に解約手続きをすれば良いだけなのですが、それを忘れていたり面倒臭がったりしていると支払い続けているお金が無駄です。

クレジットカードの請求明細をよく確認しお金の無駄遣いになっている定額制サービスがないかこまめにチェックすれば、その無駄を防げますよ。

便利なクレジットカードだからこそ無駄遣いには注意

支払いに便利なクレジットカードですが、よく注意していないと気付かないうちにお金を無駄遣いしてしまうかもしれませんよね。

使わない物や使わないサービスに対してお金を支払うのはお金の無駄以外の何でもありませんので、クレジットカードを使う時はそうならないようよく注意しましょう。