空港ラウンジが使い放題!プライオリティパスが無料のクレジットカード

空港保安検査場を抜けた先にある、航空会社のラウンジは実に快適です。

ゴールドカード以上のカードホルダーで、無料でラウンジを使っている方もいるでしょうが、このラウンジとはまったく別ものです。

アルコール飲み放題で、食べ物も豊富で、空いていて快適なラウンジは、年間399ドル必要なプライオリティパスを持っていれば無料で利用できます。

グレードの高いクレジットカードの中には、このプライオリティパスが無料で取得できるものがあります。

海外旅行や出張の多い方には見逃せません。

以下、金額は税抜です。

楽天プレミアムカードは年会費が安い

楽天カードのラインナップの中では、楽天プレミアムカードは上級の位置づけです。

ただし、年会費は10,000円と、一般のゴールドカードのクラスです。

家族カードは500円と格安です。

プライオリティパスの取得は、本会員限定です。

ただし同伴者は、1回3,000円支払ってラウンジを利用できます。

ゴールドカードなのにプライオリティパス無料:JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミアは、ゴールド会員なら、年間100万円以上の利用を2年続ければ招待してもらえるカードです。

年会費は、前年度利用額100万円以上の場合10,000円です。

家族会員は1枚目無料です。

プライオリティパスを入手できるのは本会員だけです。

ただし同伴者も、1回につき2,000円支払うとラウンジを利用できます。

プラチナカードなのに年会費の安いエポスプラチナカード

エポスカードの場合、家族会員制度はありません。

プライオリティパスを発行してもらえ、同伴者も有料でラウンジを利用できます。

エポスプラチナカードの年会費は、インビテーションが来て申し込んだときの初年度と、年間利用額100万円以上の場合20,000円となります。

独身貴族には狙い目です。

セディナプラチナカードは同伴者もラウンジ無料

セディナは三井住友フィナンシャルグループの信販会社ですが、近年はクレジットカードがよく知られています。

スタンダードな「セディナカード」の上級版であるプラチナカードは、インビテーション制ですので、一般からの申込みはできません。

年会費は30,000円で、家族カード無料発行となっています。

プラチナカードなのに、ハローキティデザインも用意されています。

プライオリティパスは本会員のみ無料発行となりますが、嬉しいことに、同伴者1名ラウンジ利用無料です。

夫婦での海外旅行に向いています。

三井住友VISAプラチナカードは家族会員にもプライオリティパス発行

日本を代表するカード、三井住友VISAカードのプラチナカードは、30歳以上なら一般の申込みが可能です。

年会費は50,000円。

家族カード無料です。

家族カード会員でも、プライオリティパスがもらえます。

ですから、同行の家族カード可員も、無料で空港ラウンジが使えます。