クレジットカードの支払い方法を熟知すれば家計管理をしやすい

クレジットカードを持っていると、つい使いすぎてリボ払い残高を増やしてしまうと心配する人が少なくありません。

確かに、無尽蔵に使い続けてしまうと思わぬ金額になってしまいますが、利用明細票をファイリングすれば節約に役立ちます。

クレジットカードは一括払い派が日本人には多い

クレジットカードの中でもAmericanExpressを使用している人は、必ず一括払いとなるのでそもそも分割払いという考え方がありません。

以前は分割払いも採用していましたが、改正貸金業法と割賦販売法が施行されたことにより余計なリスクを避けるため一括払い専用カードとなりました。

日本人の多くが一括払いに拘る理由として、分割払い金利手数料の存在を勿体無いと考える慣習があるからです。

元金指定型リボ払いなら余計な手数料を抑えられる

クレジットカードの契約内容は、一見すると同じに見えても詳しく比較するとまるで異なります。

良い例として、リボ払い手数料が高いことはクレジットカードを使い慣れた人なら誰でも知っていて、2桁の金利と同程度のリボ払い手数料がかかりかねません。

しかし、クレジットカードの中には残高スライドリボルビング方式ではなく、元金定額リボ払い方式を採用しているタイプが存在します。

例えば、全ての支払をリボ払いへ自動的に切り替えるクレジットカードでありながら、毎月10万円元金返済を指定すると10万円以内ならば一括払い、10万円を超えた分だけ翌月に持ち越しとなるわけです。

すると、10万円を超えた分に対してのみ翌月持ち越し時にリボ払い手数料がかかるので、利用額を10万円以内に抑えようと節約意識が働きます。

メインカードとサブカードを使い分けよう

メインカードとしてリボ払い専用カードを使い、サブカードに一括払い用のカードを使えば、毎月の支払いを一定額の範囲から極端に増やさずに維持出来ます。

利用明細票をファイリングして、後から帳簿として付けることが出来るので、毎月細かい家計簿を付けることが苦手な人であっても家計収支が崩れないように節約意識を芽生えさせることが可能です。

クレジットカードの明細票は、WEB明細票が充実しているので、家計簿ソフトに取り込めるフォーマットを提供しているカード会社もあります。

まとめ

クレジットカードは、一括払いならば金利手数料が掛かりませんが、時には毎月の支払いを一定額とするために複数の支払い方法について知っておくと良いです。

一括払いでは買えないからと我慢するよりも、耐久性が高い商品は長く使えるものとして分割払いも併用して生活を豊かにする工夫をしてみましょう。

毎月の家計簿代わりにクレジットカードの利用明細票を使えば、無駄遣いを炙り出すことも可能です。

あわせて読みたい → 安全なクレジットカード現金化優良店の比較

サイトマップ